トップページ
Patina|パティーナとは
BLOG

群言堂日記-14一棟貸しの宿「只今加藤家」のおくどさん

石見銀山にある阿部家のすぐ近くに、来春オープン予定の「只今加藤家」はあります。

阿部家同様、古民家を再生した宿ですが、加藤家は一棟貸し切りで泊まることができ、食事も自分たちで作ることができます。

天窓から差し込む光がやさしい空間。

阿部家とはまた違った暖かさのある加藤家。

阿部家同様、捨てられたものを拾い、新しい価値を生み出す加藤家。こだわりのお風呂の壁のタイルも古いものらしいですが、とてもかわいらしいデザイン!

さらにバリアフリーにも力を入れ、より多くの人にお泊まりいただける宿を目指しているのだそう。そんな加藤家はまだモニターの方の宿泊のみですが、少しずつ進化を続けています。

そのひとつが土間で制作中の「おくどさん」!

阿部家のように火のある暮らしを大切にしたいという思いから新しく作られていますが、いまはこのおくどさんを作ることのできる職人さんはほとんどいないため、制作中のおくどさんを見ることができるのは本当に貴重なのだとか!

阿部家のものより小ぶりでかわいらしいサイズとデザイン。

自分たちでおくどさんでご飯を炊いて、食卓を囲むなんて中々経験できることではないですよね!加藤家のおくどさん完成が待ち遠しいです!

 

 

 

 

編集部ゆうな

絵を描くこと、ものづくりが好きで高校からデザインを学んで某美大へ。卒業後は企画を学びに代理店に就職。 プランナーという名の何でも屋だったので、マンガ連載や似顔絵作成など、まったく関係ない能力が色々と身につく。ライターとしては勉強中。 今より約10kg以上も太っていた過去が…! 自力で食の勉強をするうちに大の料理好きに。今は痩せた幸せと玄米を噛みしめている。 料理好きが高じて最近では釣りや陶芸、包丁も柳刃や出刃まで揃えて自分で研いだりしているが、「女子力っていうか、凝り性なおじさんに近いよね」という友人の指摘は概ね間違ってはいないと思う。