トップページ
Patina|パティーナとは
RELEASE

神々が集いし島のクラフトビール/東京の秘境・神津島「Hyuga brewery」クラウドファンディング実施中!

東京都・伊豆諸島の島のひとつ「神津島(こうづしま)」。

北緯34度12分、東経139度8分に位置する東京諸島・伊豆諸島の島の一つ

その神津島に、島で唯一のブルーパブとして2017年2月オープンした『Hyuga brewery(ヒュウガブルワリー)』があります。

伊豆諸島特産の明日葉(あしたば)を使ったつくりたてのクラフトビールを味わえるお店として、ビールファンを中心にジワジワと認知をあげているブルーパブです。

お店の紹介をする前に・・・神津島とは?

伊豆七島の神々が集う「神津島」

全面積18.58キロ平方メートル、一村一集落で約4キロ平方メートルの地域に人口約2,000人、約850世帯の人々が生活しています。

海の水質と透明度は日本一にも選ばれた綺麗な海

海に囲まれているため夏は涼しく、冬も比較的温暖で一年を通してしのぎやすくて、漁業・農業・観光も盛んなのだそう。特に漁業ではキンメダイやイセエビ、アワビなど、農業では明日葉やパッションフルーツが特産品です。

キンメダイ・イセエビなどの魚や、とこぶし・あわびなどの貝類、天草などの海藻類が豊富

透明度日本一に選ばれたこともある美しい海は、伊豆諸島の中でも屈指の釣りやダイビングスポットとして知られ、年間約4万人の観光客が訪れます。

ダイビング、フィッシング、サーフィン、海水浴など、一年を通してマリンレジャーが楽しめます

また、島の中央に位置する神津島のシンボル「天上山(標高572m)」は、“黒潮に浮かぶ展望台”と呼ばれ、富士山まで見ることができるとのこと。

太古の時代、伊豆諸島の島々の神が天上山の山頂に集まり、水の配分の会議が行なわれた「水配り伝説」という神秘的な言い伝えもあります。

東京の星降る島としても有名。「神津島まるごとプラネタリウム」として様々なイベントも

自家製ビールができるまで

天上山の麓から湧き出る清らかな湧き水を使ってビールをつくりたい!

ビールを通して神津島を知ってほしい、全国から足を運んでほしい!

語り継がれてきた伝説、天上山の麓より湧き出る清らかな湧き水を使ってビールをつくり、神津島の名を全国に広めたい。

地元神津島でトウショ酒販という卸売会社を経営していた宮川文子さんは、その思いを十数年持ち続けていました。

そして一念発起し、2013年より神津島クラフトビール造りの取り組みをスタートさせました。

さまざまな紆余曲折を経て、まずはオーナー兼ブルワーとして2017年2月に『Hyuga brewery』をオープン。2017年7月には、ついに自家製醸造ビールが出来上がりました。

『Hyuga brewery』では、下記4つの自家製ビールを飲むことができます。

【お店で飲める4種類のクラフトビール】

◇アンジー/明日葉入りライトエール

伊豆諸島特産の明日葉を使ってつくったライトエール。

明日葉の学名「Angelica Keiskei」から「Angie(アンジー)」と名付けられました。

◇燈(あかり)/ブラウンエール

◇向日葵(ひまわり)/ホワイトエール

◇爽(さわ)/ライトエール

島唯一のブルーパブ『Hyuga brewery』

オープン以来、これまで神津島になかったお洒落なお店として地元民のみならず、観光客にも大人気の『Hyuga brewery』。

敷地はとっても広々。外にはオープンテラスもあり

エントランスから醸造所を横目に、ブルーパブへと続きます。

広々した店内はシンプルながらも洗練された印象。テーブル席、お座敷、カウンターがあります。

明るく開放的な店内。ひとりでも大人数でも使い勝手が良さそう

ゆったりくつろげそうなソファ席もあり

アルコールメニューは自家製オリジナルビールのほか、国内外のビール、カクテル、ワインなど、幅広いラインナップ。

お酒のラインアップは豊富。ビールだけでなくカクテルや地酒も楽しめます

神津島で獲れた食材を使った、お酒によく合うおいしいメニューも豊富です。

「明日葉ピザ」地元で獲れた食材を使ったメニューは観光客にも人気

そんな『Hyuga brewery』が、クラウドファンディング真っ最中!

クラフトビールをボトリングして全国に届けたい

この神津島のパワーが詰まったクラフトビールを、ぜひ多くの人に飲んでもらいたい!という思いで、現在『Hyuga brewery』はクラウドファンディング「ボトリングプロジェクト」実施中です。

クラウドファンディングで資金を集め、春にはボトリング機器を導入し、東京伊豆諸島初!神津島発のオリジナルクラフトビールを全国の人たちへ届けたい!

その目標を胸に、スタッフ一丸となって「ボトリングプロジェクト」を頑張っているとのことです。

【現在のリターンスケジュール予定】

◎2018年5月  ボトリング開始

◎2018年6月  支援者へ配送スタート

「島のおかーちゃんが心を込めて造ったクラフトビールを全国へ!」

この素敵なキャッチが目に止まり、私も小さくご支援させていただきました。

多くの支援者が集まり、神津島のクラフトビールAngie(アンジー)の全国展開できる日が来ること、今からとても楽しみです。

気になった方はぜひ、神津島『Hyuga brewery』の熱い思いを感じてみて。

詳しくは下記をクリック!

[クラウドファンディングはmakuakeにて 2018年2月26日まで!]

 

【Hyuga brewery(ヒュウガブルワリー)】

 営業時間/18:00~23:30(月曜定休)

 住所/東京都神津島村142番地(神津島港から徒歩10分)

 TEL/04992-7-5335

 Facebook

ライター たなべりえ

大卒後、アパレル、出版、印刷、広告、編プロなどなど荒波にもまれて育つ。ライターなのかエディターなのかディレクターなのか…とにかくなんでもします。ひらがな名で活動中。地方の情報誌で編集長をしてた頃、見知らぬストーカーに追い込まれた武勇伝あり。SNSは野球アカとか飲みアカとかtwitterインスタ保持中&facebook塩漬け中。セレブなママ友をいっぱい持っているのがウリ。そこにビールがあればいい、 欲望のまま生きてる庶民です。