トップページ
Patina|パティーナとは
COLUMN

【わたしの暮らし時間】揚げたてが美味しい「揚げもち」をつくろう。

忙しい日々の中で、毎日をきちんと「暮らす」のはなかなか難しい。

だからこそ、「暮らし」に向き合う時間をつくってみませんか?

季節ごとのレシピや豆知識など、掲載していきます。

身の回りにあるものを活用して、気軽に簡単に。

2月のテーマ|揚げたてうまっ!「揚げもち」

お正月のおもちがまだたくさん・・・

どうしよう?揚げもちにしてみよう!!

 

必要なもの

・固くなったおもち(なければカットした後、天日干しします)

・揚げ油(お餅に対してひたひたになる量)

・砂糖醤油、唐辛子、塩こしょうなど(お好みで)

 

あまりに固い時は軍手を使うと手の負担が軽くなりますよ。

おもちを好みの大きさにカットします。

揚げると膨らむので、ひと口より気持ち小さいサイズにするのがおススメ。

コロコロ並んだ姿がかわいらしい、おもちたち。多少不揃いなのも、揚げてしまえば気になりません。

固くなっていないお餅の場合、風通しのいい場所で天日干しします。

干し網がない場合、置く向きを数回変えることがポイントです。

ぽきっと折れるようになるまで、数日かかることも・・・

手で簡単に割れるようになるまで干します。

美味しく仕上げるコツは、中までしっかり乾燥させることです。

お花が開いたら、すくい時です。

200°~220°の温度で約2分。揚げすぎは固くなるので要注意です。

お餅に香りが移るので、油は新しいものをお使いください。

完成。あっつあつが美味しいです。

お好みの調味料で味付けし、盛り付け。

写真上から時計回りに、砂糖醤油味、唐辛子味、塩こしょう味。

せっかく手作りするなら、体によくておいしいものを。

 

今回使用した食材

写真上から時計回りで・・・

・玄米黄金もち(コジマフーズ)

玄米もちだと、ビタミン・食物繊維が摂れますよ!

http://www.nekase-genmai.com/goods/131

・糀醤油(ヤマト醤油味噌)

玄米甘酒入りのお醤油。ほんのり甘いので、このままでも充分美味しいです。

http://www.nekase-genmai.com/goods/ya140005

・奥出雲おろちとうがらし(奥出雲中村ファーム)

天日干しするこで旨味が増した一味唐辛子。大人好みの揚げもちに仕上がります。

http://www.nekase-genmai.com/goods/234

・塩こしょう(能登製塩)

黒こしょう入りの奥能登海水塩。あらびきのツブ感・・・クセになります。

http://www.nekase-genmai.com/goods/0073-04

・喜界島さとうきび粗糖

精製していないお砂糖です。ミネラル分が含まれていて、甘さにコクがでます。

http://www.nekase-genmai.com/goods/260

 

お正月に余ったおもちが、ちょっとの工夫でおいしいおやつに。

ぜひ、試してみてくださいね。

おかちゃん

お茶の水の病院で産まれ、学生時代をお茶の水で過ごし、転職して再びお茶の水へ。神田川と聖橋、JRと丸の内線が行き交う眺めこそ、世界に誇れる日本の美しい光景だと密に思っている。好奇心旺盛で、これまでしてきた習い事はワークショップを含めると、軽く100超える。楽しいこと大好き!な性格だが、食事については真剣に取り組みたいと、30歳をむかえるのを機に専門学校へ入学。基礎から学ぶ。給食調理、懐石料理店、酒類・飲料会社での就業を経て、玄米にたどり着く。「日本の食文化の豊かさを伝えたい」をモットーに日々活動中。