トップページ
Patina|パティーナとは
EVENT

衣食住工と伝統工芸と。日本の暮らしのものづくりに触れる「ものづくり・匠の技の祭典2018」@東京国際フォーラム

熟練した職人の技術が必要なものから、暮らしの中で培われた手仕事まで、受け継がれてきた日本のものづくりの知恵は暮らしを豊かに、そして、その技術力の高さは海外でも高い評価を得ています。

一方で、現代の暮らしの中で特に若者は「ものづくり離れ」しているとも言われています。

熟練技能者の高齢化や、後継者不足による伝統技術の衰退。そして身近なところでは、簡単なボタン付けすらできずに捨てて買ってを繰り返すような生活は、大量生産大量消費社会が生み出した「ものをつくり、暮らす力」の乏しさなのではとも。

ものづくりに触れる場を通して伝えたいこと

江戸から東京に変わり150年の節目を迎える今年、日本のものづくり産業の継承と発展を担うイベントとして、「ものづくり・匠の技の祭典2018」は開催されます。

左官

タイル張り

本イベントの魅力はさまざまな形で「ものづくり」に触れることができるところ。

左官やタイル張り、生花、茶道や狂言、庖丁儀式など、伝統的な「匠の技」を間近で見ることのできるパフォーマンスも実施されます。

伝統建築の実演

伝統建築の実演

また、「テーマ展示」では伝統建築の大工体験や実演もされるそう!

日本の住宅家屋における上棟式及び餅敷きも見ることができます。

 

さらに、さまざまな「ものづくり」を体験することができる「体験プログラム」も。

着付けワークショップ

着付けワークショップ

蒔絵ワークショップ

蒔絵ワークショップ

畳づくりワークショップ

畳づくりワークショップ

着付けや、日本刺繍、蒔絵や畳づくりまで、まさに日本の暮らしの「衣・食・住・工」のものづくりを見て、体験することができます。

入場料は無料ですが、体験プログラムは混雑が予想されますので、事前のご予約をお忘れなく!当日は匠の技が光る逸品を購入することもできます。

 

夏休みのお子さまはもちろん、大人も新しい日本の魅力を見つけに足を運んでみてはいかがでしょうか?

 

イベントチラシ

 

 

イベント名 ものづくり・匠の技の祭典2018
入場料 無料
※一部体験コーナーでは材料費をいただくものもございます。
開催日 2018年8月8日(水)〜8月10日(金)
開場時間 10:00〜18:00
※最終日は17:00まで。
会場 東京国際フォーラム
・ホールE(メイン会場)
・ロビーギャラリー(全国ブース)
最寄駅 【JR線】
・有楽町駅より徒歩1分
・東京駅より徒歩5分 (京葉線東京駅とB1F地下コンコースにて連絡)
【地下鉄】
・有楽町線|有楽町駅(B1F地下コンコースにて連絡)
・日比谷線|銀座駅より徒歩5分/日比谷駅より徒歩5分
・千代田線|二重橋前駅より徒歩5分/日比谷駅より徒歩7分
・丸ノ内線|銀座駅より徒歩5分
・銀座線 |銀座駅より徒歩7分/京橋駅より徒歩7分
・三田線 |日比谷駅より徒歩5分
HP https://www.monozukuri-takumi-expo.tokyo/
主催 東京都
共催 東京都中小企業団体中央会 / 一般社団法人東京都技能士会連合会 / 東京都職業能力開発協会 / 東京都伝統工芸品産業団体連絡協議会 / 東京都伝統工芸士会
後援 東京商工会議所 / 東京都商工会議所連合会 / 東京都商工会連合会 / 公益財団法人東京都中小企業振興公社 / 地方独立行政法人東京都立産業技術研究センター

編集部ゆうな

絵を描くこと、ものづくりが好きで高校からデザインを学んで某美大へ。卒業後は企画を学びに代理店に就職。 プランナーという名の何でも屋だったので、マンガ連載や似顔絵作成など、まったく関係ない能力が色々と身につく。ライターとしては勉強中。 今より約10kg以上も太っていた過去が…! 自力で食の勉強をするうちに大の料理好きに。今は痩せた幸せと玄米を噛みしめている。 料理好きが高じて最近では釣りや陶芸、包丁も柳刃や出刃まで揃えて自分で研いだりしているが、「女子力っていうか、凝り性なおじさんに近いよね」という友人の指摘は概ね間違ってはいないと思う。