トップページ
Patina|パティーナとは
COLUMN

【ツマめしレシピ】21|ごはんに混ぜて炊くだけじゃない!雑穀とアボカドのポテトサラダ

三十穀米とアボカドのポテトサラダ

ごはんに混ぜて炊くことの多い雑穀。
雑穀ごはん以外の料理にして食べたことのない方も多いのでは?

実は、ちょっとのアレンジで色々な楽しみ方ができるのです。

今回は三十穀米を使って。

 

材料|2~3人分

 

三十穀米    100g
じゃがいも   2個
アボカド    1/2個
スプラウト   適量
かつお節    2g
塩こしょう   小さじ2
粗糖      小さじ1
酢       大さじ2
オリーブオイル 大さじ2

 

作り方

01|沸騰したお湯に三十穀米を入れ、10分茹でる。

02|茹でた三十穀米はザルに上げて粗熱を取る。
03|アボカドは、さいの目に切って、お酢で和えておく。

04|じゃがいもを茹で、熱いうちに皮をむく。
05|じゃがいもボウルに入れ、ごろごろと粗めに潰す。

06|じゃがいもと三十穀米を混ぜ合わせる。
07|アボカドは崩れすぎないように後から加える。
08|かつお節、オリーブオイルを加え、混ぜる。

 

09|塩こしょう、粗糖で味を整える。
10|スプラウトを敷いたお皿に盛り付けたら完成 。

 

\ 完成! /

 

特別な工程は特になく三十穀米を10分茹でて混ぜるだけなので、いつものサラダに加えるだけでも簡単にアレンジの幅が広がります。栄養価はもちろん、ぷちぷちとした食感が楽しい。

雑穀特有の硬さが気になる場合は、茹でている時に少し食べてみて、茹で時間を延長するなど調整してみてくださいね。

 

編集部ゆうな

絵を描くこと、ものづくりが好きで高校からデザインを学んで某美大へ。卒業後は企画を学びに代理店に就職。 プランナーという名の何でも屋だったので、マンガ連載や似顔絵作成など、まったく関係ない能力が色々と身につく。ライターとしては勉強中。 今より約10kg以上も太っていた過去が…! 自力で食の勉強をするうちに大の料理好きに。今は痩せた幸せと玄米を噛みしめている。 料理好きが高じて最近では釣りや陶芸、包丁も柳刃や出刃まで揃えて自分で研いだりしているが、「女子力っていうか、凝り性なおじさんに近いよね」という友人の指摘は概ね間違ってはいないと思う。